EN

Internal - History of the paulownia

In August 2016 I produced this artwork that was using the tree of paulownia which is growing in the waste ground in Iksan city, Southkorea.(I used just seeds, leaves and Branches when was pruned.)

Back: Natural color of [seeds] of the paulownia on silk, 250cm x 112cm
Middle: Natural color of [leaves] of the paulownia on silk, 250cm x 112cm
Front: Natural color of [branches] of the paulownia on silk, 250cm x 112cm

*********************************************************************************

On the 16th of August 2016, I travelled from Berlin to Iksan in south Korea for a residency.

There is the Iksan creation center. A rich rice field is spread out in the city, and an old atmosphere filled the space.

I entered the room and opened a window.
There was a big stone chimney and old furniture. Every thing was piled up as it was waste.

One big tree soared powerfully in that.
The tree existed as if it took nourishment out of the waste to shine.
I was fascinated with this tree at first sight.

The name of the tree is "empress tree".

I would like to see what kind of natural color that tree has, and i decided to dye it.
The natural color of the empress tree would becomes free.

So the color seems like tears of the tree that is liberated from the trees body.

*********************************************************************************

JA

内生 − 桐の歴史

2016年8月、韓国イクサン市にて、不当廃棄物場に生える桐の木を用いて制作。

奥:絹に桐の【種】の自然染料、250 cm x 112 cm
中:絹に桐の【葉】の自然染料、250 cm x 112 cm
前:絹に桐の【枝】の自然染料、250 cm x 112 cm

*********************************************************************************

2016年8月16日、私はドイツのベルリンから、
韓国イクサン市のアーティストレジデンスへ向かっていた。

空港からバスに乗り、窓の外はどんどん黄金色になりつつある田んぼが広がっていった。
私は来たこともない場所に懐かしさを感じていた。

イクサン市に着き、古い商店街に入り、煉瓦造りの建物の横にそのレジデンスはあった。
その美しい建物は日韓併合時に日本が建てた建物であり、当時は米の税収局であった。
その建物はイクサン市美術基金となり、このレジデンスに私を招待してくれたのだった。

私は日韓の歴史を目の前に複雑な気持ちになっていた。
この場所に招待されたことに躊躇いを感じながら、部屋に通され窓を開けた。
窓の下には長い年月をかけて、ありとあらゆる廃棄物が捨てられていた。

その中に一本の大きな桐の木が光り輝いていた。

廃棄物に囲まれながらも、その桐の木は生命の強さを感じさせてくれた。
複雑な歴史を見てきたであろう桐の人生を敬い、生命の色を抽出させていただいた。

*********************************************************************************