EN

Internal - One wish of the cercis chinensis

In September 2016 I produced this artwork that was using the cercis chinensis which was fallen in the old Seoul University in Suwon city, South korea.

Back : Natural color by [leaves] of the cercis chinensis on silk, 500cm x 90cm
Middle : Natural color by [seeds] of the cercis chinensis on silk, 500cm x 90cm
Front : Natural color by [branches] of the cercis chinensis on silk, 500cm x 90cm

Ph. Maria Vazquez Castel

*********************************************************************************

On 9th of the September 2016, I travelled from Iksan to Suwon in Korea.
There was the old Seoul University where a rich garden spread with many kinds of trees.

I found a tree of cercis chinensis which fell down.

Lots of white thin paper was wound around a branch on the tree.
I didn't understand the meaning of this white paper even after I asked anyone about it.

It resembled the sacred rituals of the Shinto shrine in Japan. So I thought maybe somebody might have hanged a wish to this tree.

I wanted to respect the past life of this tree. I decided to make dye the natural color of the cercis chinensis tree, and use its natural color to make paintings.

So the color seems like soul of the tree that is liberated from the tree’s body.

The cercis chinensis tree life will end.

Hopefully a wish from somebody will be granted, and the soul of this tree will be liberated into the sky.

*********************************************************************************

JP

内生 − 花蘇芳の祈願

2016年9月、韓国スオン市にて、ソウル大学跡地の倒木の花蘇芳を用いて制作。

奥:絹に花蘇芳の【葉】の自然染料、500 cm x 90 cm
中:絹に花蘇芳の【種】の自然染料、500 cm x 90 cm
前:絹に花蘇芳の【枝】の自然染料、500 cm x 90 cm

フォト. Maria Vazquez Castel

*********************************************************************************

2016年9月9日、私は韓国イクサン市からスオン市へ向かっていた。
そこには旧ソウル大学があり、様々な種類の木々が広がる素晴らしい庭があった。

私はそこで一本の倒れた花蘇芳の木を見つけた。
その木の枝にはたくさんの白く細い紙が結びついていた。
白い紙には何も書かれていなく、誰に聞いてもその紙の意味は分からなかった。
ただ結ばれた白い紙は神社で見る枝に結ばれた御神籤のように思えた。
誰かが何かの想いを抱いて、願をかけたのだのだろうか。

私はこの倒れた木の人生を尊重したいと思った。
この花蘇芳の木から自然染料を抽出することを決め、その色を染め上げ絵を創ろうと思った。
この色は硬い木から解放された、柔らかい魂のようだった。
花蘇芳の人生は終わりを迎えてしまったけれど、誰かの願いが叶うと共に、
木の魂が空へ解放されますように。

*********************************************************************************